ゲスト様 いつもありがとうございます

生体イオンのお話し

  • HOME
  • 生体イオンのお話し

生体イオンとは

いつまでも健康な肌を保つ秘訣はイオンレベルの活動にあるのです

ぷるぷるでしっとりするタイプのクリームには、肌を保湿する成分がたっぷり配合されています。
そのクリームをお肌につければツヤツヤ肌ができ上がります。
では、洗顔後もツヤツヤ肌を保っていますか?

フェビオンは、クリームがついていなくても、どんな季節でも年齢を重ねてもツヤツヤ肌を保つために生体イオンの働きに着目しました。

化粧品を「つけた時だけ」ではなく、
いつでも、いつまでも美しい健康な肌を保つために・・・

皮膚の構造を知ることから 肌づくりは始まります
皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構成されています

表皮

皮膚は、表皮の一番下にある基底層で新しい細胞が作られ形を変えながら上方の角質層へ押し上げられます。
やがて、細胞は生命力を失い硬くなって最後は角片(垢)となって剥がれていきます。こうして皮膚を新しく再生する「ターンオーバー」を繰り返します。
また表皮の下部には、お肌の外からの水分や保湿成分などの異物の侵入を防ぎ、体内の水分や栄養分が発散しないような働きをする「バリアゾーン」があります。

真皮

真皮は、表皮のすぐ下にありコラーゲンやエラスチンといった繊維状の物質が網の目のように並んでいます。肌のハリ、弾力をキープする大きな役割を果たす組織です。

皮下組織

皮下組織は、皮下脂肪の蓄えをしている層、皮膚のクッション的役割をしています。

もうお気づきですね。
問題は「バリアゾーン」なのです。
保湿成分のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸等がたっぷり配合されているクリームでもバリアゾーンでストップしてしまい、真皮にとどけることができず、クリームが持つ効果を最大限に発揮する事ができません。
また、無数の汗腺や皮脂腺も内側から外側への一方通行です。
基本的に皮膚は排泄器官であり、外から栄養分を吸収するようにはできていないのです。

バリアゾーンを通して、必要な成分を真皮まで届けさせるもの・・・
それは「光」「熱」「電気」

フェビオンは
体内を巡る“プラスイオン”と“マイナスイオン”の「電気」を帯びた素粒子すなわち『生体イオン』に着目しました。

生体イオンとは・・・

私達の身体には電気現象が現れます。心臓が動く時に発生する電気現象の図表が心電図であり、脳の働きを電気的に表すものが脳波です。私達の身体の組織(体液や、細胞)には、電気的性質を帯びたプラスイオンと、マイナスイオンが存在し、電子のやり取りが行われています。つまり、電流が流れるということです。
イオン導入は、この細胞の電気のやり取りを利用して、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの必要な成分を真皮まで届け、老廃物を排出します。
つまり、イオン導入は皮膚の自浄作用を高め、スキンケアの効果を最大限に発揮するということです。

通常は、美顔器等で通電してイオン導入しますが、
フェビオンは多種のミネラルを含む天然鉱物から抽出精製したエッセンス(頁岩抽出物)、すなわち天然ミネラルイオン剤が主成分だから美顔器を使用せず、簡単に毎日のお手入れでイオン導入できます。

まずは洗顔後の「イオン導入」で、基礎化粧品の効果を基礎から支えるスキンケアとして透明感のあるお肌づくりを始めてみませんか。